2016年03月16日

12ヶ月点検にまつわる謎

ととです。

先週土曜日、我が愛車「スイフトさん」の12ヶ月点検に行って来ました。
12ヶ月点検.jpg

新車購入からもう12ヶ月。
早いもんですね。
まだ一年位にしか感じません!

で、そんなスイフトさん。
特に不具合もなく無事点検を終えたのですが・・・

ですが・・・

が・・・ですよ!

点検記録簿をみて不可解な箇所が・・・

点々多目です♪

その記録簿がコレ!(ちょっと見にくいです)
Image1.jpg

タイヤとブレーキパッドの残りの値なのですが、

何故かリヤの方が減っている!

FF車の場合、特にタイヤは操舵は勿論ですが駆動も担当。そしてブレーキも前の方が高負担な筈。
重たいエンジン乗っかってるし、普通は前輪の方が減りが早い様に思います。

なのに?

寧ろリヤタイヤが異様に減っているという見方の方が正しいかも?
1年で5mm台って結構な減り方ですよね。
同じ車種を乗っている知人は4〜5年でそろそろタイヤを・・・と言い出す感じなのに。

コレと言った理由が見当たりません。
自慢ぢゃないですが、過保護にしているので、タイヤを鳴らす様な運転は一切していません。

ならどうして?

強いてあげればこれかなと言うのがひとつだけ。
それが通勤ルート途中の通称「ととテストコース

Image2.jpg

約11kmの通勤ルートの内約3kmを占めるこの行程。
写真で見ると真っ直ぐに近いですがこの中に結構細かいコーナーが幾つもあります。
なので、とくに足廻り関係を弄った時はここに持ち込んでテストします。

かの「サスペンションメンバーフレーム」を装着した時も直後に挑み、安心コーナリングスピードが
5km/h程度上がってにんまりしていました。
そこを如何に加減速なし、一定速度で走り抜けられるか?が毎日のテーマです。

ライン取りさえキチンとすればさほどロールさせず、タイヤを鳴らさずノーブレーキ、且つ
(車速維持の為以外)ノーアクセルでおわkm/h定速滑走出来ます。

またアクセル一定なので燃費稼ぎにはもってこいの区間でもあります。

たまに無駄にアクセル踏んで、そのくせコーナーの度にブレーキ踏むヤツをみるといらいらします。

ちょっと話がそれました。

やっぱりこれかなぁ・・・

スイフトさんって普段は殆ど感じませんが、ちょっと飛ばし気味にすると
すごくリヤ廻りが仕事してくれているのが実感出来ます。
なのでタイヤが鳴らないのをいい事に負担を掛けてしまっていたのかもしれません。

だからといって止めませんけどね〜(笑)

因みに・・・自分、バイクはフロントタイヤが先になくなるタイプでした。

Cimg2647.jpg



posted by とと at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | スイフトRS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする