2016年03月21日

1年経ちました・・・

ととです。

今日3月21日で我が愛車「スズキ スイフトRS」が納車されて
めでたく一周年となりました♪

@.jpg

奇しくも先週受けた12ヶ月点検の日はスイフトさんの誕生日(ラインオフされた日)。
なんだか上手くいってます。

この車は初代愛車の「カルタス アメニティG」以来の新車。
歴代3代目のスズキ車です。

この一年、閏年だったので366日、走った距離は約14800km
一日平均およそ40km
毎日がフルマラソンです。

ちょこちょこ遠出もしていますが、特に故障もなく元気に走っています。

A.JPG

一年たった今も仄かに新車の匂いがするのが謎ですが・・・
あれって何の匂いなんでしょうかねぇ?

前回給油までの平均燃費は17.78km/L
昨年末からこの間まで続いた「オイル入れ過ぎ事件」が無ければ楽に18km/L台だったでしょう。
何度も使うフレーズですが、通勤・買い物といった街乗り用途主体の条件で飛び道具もなしでこの値は評価に値すると思います。

新車購入後、自分好みに変更したところは、

@スペアタイヤ搭載
Aサスペンション・メンバー・ブレース取付
Bフォグランプ イエロー化
Cフロントポジションランプ LED化
Dフロントグリル交換
Eホーン交換
Fフロントエンブレム点灯化
GフロントLEDイルミネーション デイライト化

主だったところはこんなところでしょうか。

C.jpg

最もAは過日の点検時に一旦外してしまいましたし、Eについては純正若しくは別のホーンに再度交換予定です。

さて、この車の魅力って何でしょう?

決して100点満点の車ではありません。
寧ろ点数を付けるとしたら60点くらいかもしれません。
そんな決して優等生ではない車の魅力とは・・・

一番はやはり 「真面目に作られた車」 と言うことでしょうか?

今時分の車は無駄に速いとか無駄に燃費が良いとか・・・
或いは無駄に広いとか必要以上に「商品アピール」という名目の個性を出す為に何だか極端な造りをしている車が多いと感じます。

で、その個性を出す為に肝心な所を犠牲にしている様にも感じます。

って、がって、まる。

車の3大基本性能です。

広い・・・とか、速い・・・とか、カッコイイとか・・・。
それぞれ車を選択する上でとても重要なポイントです。
FFだFRだ、ATだMTだも然り。

ただ、それらは先の3大要素がちゃんとしていると言うのが前提だと思います。
燃費を稼ぐ為にタイヤの走行抵抗を減らし結果として制動能力が落ちるとか、
必要以上の広さを求める余りにボディが華奢になり剛性が保てず曲がるという動作に支障がでるとか・・・
それを嫌ってガッチリ造ったばかりに重くなって加速や制動に悪影響が出るとか、等々。

本末転倒 だと思います。

この車はそんな所を実に良くバランスさせていると思います。

室内も言われている程狭くないですよ。
狭く見える(感じる)のは座席がちゃんとした大きさで用意されているから。

荷室についても・・・まぁこれについてはどう贔屓目に見ても広いとは言えないのですが必要十分なサイズはあります。
だからといってぢゃあ5人家族でこれ1台で全て賄えるかというと・・・それは無理です。

そういう車ぢゃないんです。

重点を置く場所とそれに反する要素の為に犠牲にする箇所の取捨選択が秀逸 だと言う事。

明るい暗い場所、真っ白な黒・・・無理ですよね?
明るいと暗い、白いと黒いどちらかを優先したら必然的にもう片方が淘汰される。
何を活かして何を殺すかの方向性がしっかりしていて、無駄に欲張っていない潔さを感じます。

なので、その活かした部分が合う人にはベストカー合わない人にとってはクソカーになってしまいます。

家族5人でキャンプに行くのが趣味・・・そんな人が選ぶべき車は他にあります。

自分の場合、たまたま「活かした部分」の殆どが"合った"というだけです。

正直とても1200ccのコンパクトカー、それも150〜160万円で買える6年も前に設計された車とは思えません!
先代からも含めて、年月をかけとても良く熟成されています。
自分の場合、乗り換えスパンが長いので毎度浦島太郎なのもありますが、知人の車やレンタカー等
そこそこ新しい車に乗っても"これが雑誌であんなに評価されている車?"と感じる事が多い中、
この車の満足度は高いです。

因みに、自分がこの車で初体験した物が幾つもあります。

1、ABS
2、プッシュボタン式スタート
3、電気式スロットル
4、油圧式のクラッチ
5、プロジェクター式ヘッドライト
6、HID
7、可変バルブタイミングリフト
8、イモビライザー
9、ESP
10、オートエアコン
11、クルーズコンピュータ
12、オートライト

1とか3とか自分にとっては無くても(無い方が)良かった装備もあります。
中にはサイドエアバック(※)等安全装備に異様に執着する方もいらっしゃいますが、
自分にとっては有ろうと無かろうとどうでも良い装備なんで寧ろ過剰装備ですね。

※・・・自分の場合エアバックは付いているならそれはそれで良いのですが、それの有無が車購入の決め手になるか検討した時、
    エアバックが開いた自車を想像すると悲しくなっちゃうので余り考えたくないのです。


内容があっちこっち飛びまくりだしたのでそろそろまとめを・・・

購入1周年を記念してかどうかわかりませんが、次期型の流出写真がネット上に広がりだしました。
"現行型"と後どれくらい言っていられるか判りません。
でも、購入検討していた時からそれは大体判っていたので別に〜って感じですが、
そんな情報が入ってきて尚、「これが自分の愛車です」と胸を張れるのが
この 「ZC72S型スイフトRS です。

D.JPG

車の出来も去ることながら、この車を通じて新たな出会いが沢山ありました。
ト○タだのホ○ダだの、ブランドイメージに惑わされずこの車の魅力を感じ取る事の出来る人達ですから、
車の話をしてもしていなくても楽しいですね。

この車の魅力を一言で語るなら・・・

「ついつい運転したくなる車」 でしょうかね♪

楽器を演奏したりスポーツに興じたり、それと同種の楽しみが単なる移動の道具であるこの機械には
備わっていると思います。

E.jpg

惜しむらくは・・・あと10馬力欲しいな〜(笑)

今後の予定は・・・

@スロコン装着
Aレーダー探知機装着
Bドラレコ装着
Cタイヤの15インチ化
Dシートローポジション化

あたりを考えていますが、ホントにやるかどうかは未定。


B.jpg


ただ「あーしたい、こーしたい」を考えているだけで楽しい車なので、ひたすら妄想しています。

目標20年、38万キロ!

どこまで達成出来るか妄想するのも楽しい車です♪

F.jpg


posted by とと at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スイフトRS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする