2016年03月05日

ショート・ドライブ(その6)

ととです。

最近はみんカラにご執心ですっかり放置気味の「本家」ブログ
辛うじて燃費記録だけは継続していましたが・・・

基本「本家」・・・やりたい放題、「みんカラ」・・・そのダイジェスト、というスタンスで両立させるつもりだったのですが、
「みん友」さん絡みだとどうしても向こうに重きを置かざる終えない・・・なんて事に。

でも、やっぱり波ってのがあって久しぶりに帰って来ました。
そして久しぶりの記事は「ドライブネタ」で御座います。

向かった先は「三溪園

横浜市中区にある庭園です。

毎年この時期は「水戸偕楽園」に出向いて"梅の花を愛でる"なんて似合わない事をしていますが、だんだん面倒くさくなってたまには地元でという事で初めて行ってみました。
実はここは行った事ないどころか、その存在も知りませんでした。
同県人のみん友さんのブログで知ったのですが、会社の同僚に聞くとなかなか有名な所らしいです。

さて家から40km弱、全行程下道という近場ですが朝の8時40分頃自宅を出発。
人が混まない内に着いて楽しんぢゃおうという目論みです。

まずはお出かけの時は必ず寄るコンビニで朝ごはんと飲み物を調達。
030501.jpg

その後は藤沢・戸塚を抜けてうりうり走って、はい!到着
030502.jpg
(端折りすぎ?だって単なる移動ですから・・・2代目スイフトが居たので隣に停めてみた!)
戸塚を抜ける際に渋滞で手こずったので結局1時間半も掛かっちゃいました。

券売機で入園券2枚を買って中へ入ります。
030503.jpg

入口すぐにあるこの木をみたら、小学生の時読んだ「もちもちの木」という本を何故か思い出しました。
030504.jpg

さあ、まずは案内図をみて、周りを見渡します。
030505.jpg

030506.jpg

高台に三重の搭が見えます。
あそこがとりあえずの目的地かな?

入ってすぐに
さん(目がこえ〜よ!)
030507.jpg

のみなさん
030508.jpg

水鳥のみなさん(見た事ない模様。他にもいっぱいいた!)
030509.jpg

そしての出迎え(?)を受けました(笑)
030510.jpg

鯉のみなさんは「人影=食い物にありつける」と思っているらしく、寄ってきて口をばくばくさせています。
030511.jpg

が、どう見ても溺れている様にしか見えません・・・

入ってすぐの所に立派な建物がありますが、今日は何かイベントが有るらしく中へは入れませんでした。
030512.jpg

大正時代の建物らしく、次回はその辺も良く調べて来ようかと・・・

他にも魅了させられる古き良き日本家屋があります。
030513.jpg

030514.jpg

やっぱこれ、縁側 良いですねぇ♪
今は室内を少しでも広く、明るくとギリギリの位置に窓(サッシ)を配置しますが、結局中を覗かれるのを嫌がって
一日中カーテン閉めっぱなしと言う本末転倒な状況に陥ります。
採光率は0.7(だったかな?)になりますが雨天時にも洗濯物が干せますし、例え半軒幅でも良いので
是非設けたいスペースです。

そして肝心の梅の花は?
030515.jpg

満足のいく咲きっぷりでした♪

瓦屋根の建物とも良くマッチしていました。
桜の花の様な華やかさは無いのですが、梅の花のこの一歩引いた感じが好きで毎年この時期を楽しみにしています。

さて順路にそって歩をどんどん進めて行きます。
030516.jpg

真ん中に座る場所がある小洒落た橋を渡った先には、今度は紅梅が咲き誇っていました。
030517.jpg

こちらは桜の花にも似た華やかさが少し強いですね。
白梅は白梅の、紅梅には紅梅のそれぞれ魅力があります。

さらに歩を進めます。
030518.jpg

一人小さくがんばっている梅の花もいます♪
030519.jpg

そして梅に負けじと咲く他の花(名前知らない・・・)
030520.jpg

南門の方へ進むと、中国様式の影響を大きく受けた建物も建っています。
030521.jpg

ちょっと戻る形でいよいよ入口から見えた三重の塔を目指すべく今年2回目、筑波山以来の山登りを開始。
030522.jpg

途中には関東大震災で倒壊した建物の跡がそのまま残っています。
030523.jpg

三重の塔の前に展望台に寄り道。
此処からの眺めがなんとも趣がありました。
030524.jpg

030525.jpg

道(首都高湾岸線)を挟んだ向こう側は工場やコンビナートが立ち並ぶ工業地帯。
一方こちらは古い建物と草木が織り成す自然地帯。

このコントラストがマッチしたミスマッチで不思議な情景になっていました。

そしていよいよ三重の塔へ。
030526.jpg

写真が思った以上に下手っカスだったのでアレですが、近くで見ると実際そんな大きな建造物ではありません。
やっぱりあと二段欲しいですね。

さあ、後はもう下るだけです。
ぼのぼのの「しまっちゃうおじさん」よろしく、下っちゃうよ!どんどん下っちゃうよ!

丁度下りきった先にはうれしい麦茶の無料配布所が・・・
030527.jpg

が、暖かい麦茶だったので今日の陽気にはそぐわず、自分はパス。
相方はお茶好きなので飲んでいました。

そして此処にもきれいな梅の花が!
030528.jpg

030529.jpg

そして3月らしい晴れ渡った空が!
030530.jpg

明日は雨みたいですけどね・・・

そこそこ良い時間になり山登りをしたのもあり小腹が空いてきました。
するとそこには罠を張られていたかの様にお食事処がっ!
メニューを見ると園内施設にしては良心的なお値段だったのでここで昼食を取る事にしました。

相方が頼んだのが・・・何だっけな?「豚汁うどん」とかそんな名前のやつ。
030531.jpg

そして自分が頼んだのが「三溪麺(そば)」。
030532.jpg

三溪園の創設者である原三溪さんが考案したという"汁のない"お蕎麦です。
初めてであたりハズレが判らないので1つ注文して二人で分けて食べました。

さてこれで1周ぐるっと回って来ました。

初めて来た感想としては、この時期の偕楽園の変わりになるか?と聞かれれば答えはNOです。
と言うのも、そもそもの施設の生い立ちが違うので比べる物ではないと言うのが結論。

あくまで"自分的には"と言う前提が付きますが・・・
「偕楽園」はその見事な"梅の花"をメインに楽しみに行く所。
対して、「三溪園」は梅の花も咲いていますが、それも含めて「庭園」を楽しみに行く所。
どっちが良いだとか優れているを比べるべきところでは有りませんでした。

梅の花単体で見たらその本数から何から偕楽園の圧勝だし、逆に四季を通してと考えると6月には蛍も見れる
三溪園に魅力があります。

来年はどっちにするか迷いそうですね〜♪

そして最後のお見送りは再度この子達。(2匹とも寝ちゃってますが・・・)
030533.jpg

030534.jpg

猫好きにはたまらん!
そして 梅を見に行ったのか猫を見に行ったのかわからん!(笑)

そう言う意味では猫島(江ノ島)よりポイント高いかも!?
ただちょっと美猫が少なかったかな〜(残念!)

※写真が撮れなかったので記事本文には書きませんでしたが、庭園内にある「合掌造り」の建物は
 中に入って自由に見学が出来ます。
 実際に囲炉裏に薪がくべて燃えており、なかなか良いものだった事を付け加えます。

○駐車場:800円(最初2時間まで500円 以降30分毎に100円)
○入場料:1000円(大人一人500円 小人(小学生)200円)
○食事代:1600円(うどん、そば共800円)
○満足度:プライスレス♪

posted by とと at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | スイフトRS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434614628

この記事へのトラックバック