2015年11月01日

良い子・悪い子・府中の子!

ととです。

今日はととの年に一度のギャンブルデー!

と言う訳で「第152回 天皇賞(秋)」に行ってきました。

今週も週半ば頃の天気予報では雨っぽかたんですがまた「全日本晴れ男協会」がんばりました。
(その分明日天気悪いですよ、きっと。まぁいつもの事ですが・・・)


場所は東京の府中市にある「東京競馬場

ととが生まれて初めて来た「競馬場」が東京競馬場です。

GTを3勝した「ビワハヤヒデ」号の引退レースとなってしまった今日と同じ「天皇賞(秋)」の時。

今調べてみたら1994年の事でした(もう20年以上前っ!)。


それまで余り良い印象の無かった「競馬」というもの。

なんか汚いギャンブルというイメージでした。

(不思議とハイセイコーとかテンポイントとか馬の名前だけは知っていましたけど・・・)

で、会社の新しく入ってきた同僚にコミュニケーションを図るべく「趣味は何?」と尋ねたら「競馬」だと。

前述の通り余り良いイメージを持っていなかったので「こりゃ、あまり仲良く出来ないなぁ・・・」と正直思いました。

その時は・・・

でも、そこで「ふぅん・・・」だと会話が終わっちゃう。

なので聞きました。

「何が面白いの?競馬って・・・」

するとこう答えが返ってきました。

「予想するのが楽しい。各馬の性格(性質)を踏まえてレースの展開を考え、最終的な順位を当てる。
まんまと予想通りに展開して的中するとなんとも言えない"してやったり感"がある」と・・・

もう随分昔の話なので一字一句正確って訳ではありませんが、要はこう言う事。


目から鱗でした。


汚いおやぢが勝った負けた、儲かった損したを騒いでいるだけだと思っていたので。

そこからととの競馬人生・・・という程のものぢゃないですけど、スタートしました。

途中「ご贔屓さん」が居なかった時など長く離れていた時期もありましたが、止めはしませんでしたね。

今ではもう相方まで巻き込んで楽しんでいます。


今迄は競馬場まで車で行っていました。

でも帰りが大変なんですよ。

バラバラに来た人が一斉に帰路につくので、駐車場出るだけで大変!

その後も出たら出たで、右行っても左行っても大渋滞。

なのでここ何年かは途中まで車で行ってそこから電車で行きます。

今朝7時に家を出て向かった先は、京王線「聖蹟桜ヶ丘」駅」。(最初駅名が読めませんでした・・・)

聖蹟桜ヶ丘01.jpg
(何か暗いっぽい写真と感じた方はスルドイ!行きに撮り忘れて帰りに撮りました)

家から約40km、1時間20分位です。

では何故その駅なのか?

これは別の同僚から教わったのですが「多摩川を渡ったらダメ!」

近所の相模川なんかもそうなんですが、結局川を渡れる橋が限られているのでそこが渋滞する。

なので多摩川を渡る寸前まで車で行き、そこから電車に乗る。

電車も勿論込むのですが、殆どの人が新宿方面に行くので、反対方向のここが結局ベストとなりました。

駐車場も1日900円なので電車賃入れても競馬場近くに停めるのとトントンか安く上がります。

スイフトさんとはここで暫しの別れです。

駅駐車場.jpg

ここから東府中駅に向かい、乗り換えて「府中競馬正門前駅」に向かいます。

乗り換え.jpg

駅に着くと「金の馬」が出迎えてくれます。

金の馬.jpg

さて、ここで本日の軍資金の配布です。

軍資金は一人5000円。

競馬は1競馬場で1日12R(レース)やります。(それを大体3競馬場で同時開催しています)

1レースでこれ以上の額を掛ける人もざらにいますが、ウチでは「ギャンブル臭」の漂わないギリギリの予算で遊んでます。

パチンコだったら30分持たない資金ですね。(儲ける事考えたら余り褒められないやり方ですが・・・)

駅の出口は渡り廊下(?)でそのまま競馬場の入口に直結しています。

競馬場01.jpg

競馬場02.jpg

入場料ひとり200円を払い中へ・・・

競馬場03.jpg

競馬場06A.jpg 競馬場06B.jpg

まだ9時だと言うのに車ぎっしりです。

競馬場04.jpg

たまたま見かけましたがポニーのショーか何かをやっていた様です。

競馬場05.jpg

一旦地上階に下りて、個人的に「正門」と呼んでいる所から入りなおします。

競馬場07.jpg
(どうもここから入らないと気持ち悪いので・・・)

エスカレータを昇ってすぐ左手側に「TURFY(ターフィー)SHOP」というお店、所謂お土産屋さんがあります。

競馬場08.jpg

競馬場09.jpg

過去の経験から言って「今日いっぱい当たって儲かったら帰りにこれを・・・」と思っているとまず失敗します。

買うなら来てすぐ。

そしてそのあとガンバル!の方が良い事が多いです。(メインレース後などはめちゃ混みます)

今回は相方に「蹄鉄型ピアス」を購入しました。(1500円也)

その後は、ご挨拶をしに馬場に行きます。

でで〜んっ!

競馬儒10a.jpg

競馬場11.jpg

競馬場12.jpg

競馬場13.jpg

何回来ても広い!

今まで行った事のある競馬場は、ここ以外では北海道の「札幌」「函館」、そして千葉の「中山」ですが広さが圧倒的です。

函館競馬場の2倍はあるんぢゃないかと思ってしまうくらい広いです。

スタンドからは誰かの歌にある様に「中央フリーウェイ」が見えます。

競馬場14.jpg

こんな時間からもう陣取り合戦が始まっています。

競馬場15.jpg


因みにここ、通称「府中競馬場」では馬の競走だけでなく、車のレースも行われています。

競馬場16.jpg

ウソです・・・

ダートコースの整備をしている「働く車」ですね♪


1レースは10時過ぎ位に発走しますが、ウロウロしていたら間に合わず今日は2レース目からスタートです。

パドックに行って出走馬を見ます。

競馬場17.jpg

ととの場合、競馬歴だけは長いですがパドックで馬を見たからと言って何かがわかる訳ではありません。

でも間近で見て何か感じるのが楽しい♪

みんな基本草食動物なんでカワイイんですよ。

特に目が!

因みに相方のバドックでの書き込み。

競馬場18.jpg

新聞も買わず、競馬場入口で貰える「レーシングプログラム」に熱心に書き込んでますが・・・

何でしょう・・・?この「ひょいひょい」とか「すべすべ」って(笑)

でも彼女にとってこれが楽しみのひとつなので最近は何も言わないようにしました♪


その後本馬場に入場

競馬場19.jpg

ヨーイドン!して4角(コーナー)を曲がる。

競馬場20.jpg

直線をばーっと飛ばして

競馬場21.jpg

ゴール!

競馬場22.jpg

こんな感じでプログラムは進んで行きます。

4Rと5Rの間に昼休み的な時間がありますが、その時は自衛隊の鼓笛隊が音楽で楽しませてくれます。

競馬場23.jpg

今回はととの好きな「白馬のギャロップ」という曲も演ってくれたので大満足です♪

ただそんな間にも「馬場整備作業員」の方々がせっせと馬場をメンテしてくれています。

競馬場25.jpg


午後になりどんどん人が増えていく中、レースはちゃくちゃくと進行していきます。

競馬場30.jpg

競馬場31.jpg

メインの「天皇賞」のパドックを見たいので少し前のパドックから陣取って出走馬の登場を待ちます。

これはその待っている間に撮ったパドックの様子。

競馬場32.jpg

何頭も同じ所をグルグル回っているのでお土産も結構落ちています。

競馬場33.jpg

はい、こちらですよ〜(グルグル)

競馬場34.jpg

これがホントの"バケツ"です。刈り込みで作られた模様がきれい。

競馬場35.jpg

んこ♪(再び)

競馬場36.jpg

よ〜し、やってやるぜっ!と言っているかどうかは判りません・・・

競馬場37.jpg

騎手が乗ると一気に馬のテンションが上がります!(らしい)

競馬場38.jpg


そうこうしている内にいよいよ天皇賞出走馬がパドックに現れます。

カメラクルー(?)もスタンバっています。

競馬場43.jpg

こうなるともう回りは人だらけ!

右も・・・

競馬場41.jpg

左も・・・

競馬場40.jpg

そして上まで!

競馬場42.jpg


今回自分も写真撮りながらだったので特に感じたんですが・・・

とにかく長が〜い望遠レンズつけた本格的なカメラを構えてた人が多かった。

特に女性

その華奢な腕で良くカメラを支えていられるなと思う様な方も大勢いらっしゃいました。(そうでない方も勿論ですが・・・)

そんなデジイチ群に紛れても相変わらずがんばってくれています、ウチの子♪


さ〜てさて、パドックを見た後はトラックの内側に位置する「内馬場」へと移動します。

天皇賞01.jpg

内馬場は結構お子さん連れの家族が競馬そっちのけ(お父さんだけ燃えてる?)でぽかぽか陽気を楽しんでいます。

天皇賞02.jpg

さあ、いよいよ「天皇賞(秋)」の発走の時間です。

天皇賞03.jpg

GTのファンファーレがなるともうスタンドの観客はボルテージ最高潮ですっ!

天皇賞04.jpg

・・・内馬場の人達は少し冷静ですね(笑)

このつぶつぶ、全部「人」で〜す。

天皇賞05.jpg

ゲートが開いてスタート!

天皇賞06.jpg

内馬場の人達は本馬場が見辛いのでターフビジョンで観戦しますが、もはや単に規模のデカイ街頭テレビ状態(笑)

天皇賞07.jpg

四角を曲がって最後の直線勝負へっ!

天皇賞08.jpg

それぞれの思惑で皆さん「そのまま♪」派と「差せ〜!」派に分かれます。

中には「ねぇ、今どうなってるの?ねぇねぇ?」と右往左往される方も。

人間ウォッチ楽しいです♪

天皇賞09.jpg
(ドドドドドーーーーーっ!)

長い一日が終わりました。

そしてまた来年の天皇賞秋までの一年が始まりました。

因みにととは遊びで「スイフト馬券」を買っていました。

スイフト馬券.JPG

勿論はずれですが、楽しいんですよねぇ〜こういうのも♪


レース後、徐々に日が暮れて行きます。

レース後02.jpg

世界遺産登録後、何かと忙しい富士山も楽しんで頂けたでしょうか?

レース後01.JPG

さっき迄人で溢れ返っていた競馬場も段々暗く静かになっていきます。

レース後03.jpg

パドックでは優勝騎手を交えてのトークショーが行われています。(んこ♪踏まないかな?)

レース後04.jpg


みなさんも、それぞれの思いを胸に家路に・・・なんて悠長な事は言っていられません。

レース後05.jpg

人も

レース後06.jpg

車も

レース後07.jpg

大渋滞!

ととはもう少し時間調整してから帰ります。



最後に・・・

この画像を良く見てください。

ごみ01.jpg

ごみ02.jpg

ごみ03.jpg

競馬って昔より随分イメージ的にも、実際にもきれいで良くなったと思います。
いろいろな関係者その他の方が尽力された結果だと思います。(勿論競馬という「商売」の為なんでしょうが・・・)

でも、この「ゴミ問題」だけは相変わらずですね。

競馬に勝っても負けてもこの風景を見るととても嫌な感じがします。
建物もイベントを含めたシステムも、そして分煙等も良くなっているのにこれだけは昔のまま・・・

毎回残念でたまりません・・・。


こういう方々が最後片付けをしてくれているからなんとかなっていますが・・・

ごみ04.jpg

「ゴミをそのままにしているからこの人達に仕事が生まれ雇用が・・・」なんておっしゃる方の理屈も一応わかりますが
せめて自分の出したゴミは所定の位置に捨てるか、一箇所にシルエットを揃えてまとめる位の事をして貰いたいです。

ホントこれさえなければと思います・・・


●本日の結果●

オケラ.jpg

ととさんの談話・・・写真撮る事に専念しすぎましたね。あと暖かかったんで薄着の女性が多くてついつい・・・



posted by とと at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

お上りさん

ととです。

今日は所用の為、横浜に行ってきました。

横浜は3ヶ月ぶりくらい。

神奈川県と言えば都会のイメージがありますが、ととの住んでいる町は3階建て以上の建物を探すのが大変
なくらいなトコなんで、完全にお上りさん状態です。


さて、朝の10時過ぎ位に家を出て、車で海老名駅を目指し、そこから電車で横浜に向かいます。

東京・横浜方面に出掛ける時のお決まりパターン。

違いは海老名駅から相鉄に乗るか、小田急に乗るかだけ。

家から最寄駅までは徒歩で20分位掛かるし、当然帰りも歩かなくちゃいけない。

また、行きは良いけど帰りに荷物が増えたり天気が悪くなったりするとしんどい。

という訳で、すっかり定着したのがこのパターンです。

海老名は駅からそう遠くない駐車場が1日停めても4〜500円、逆に横浜駅近辺は4、5時間駐車してるだけで
平気で2000円以上掛かるので、往復の電車賃を考えてもとてもリーズナボゥです。


海老名駅で軽く腹こしらえして電車に乗り込みます。

相鉄の場合、海老名は始発駅になるので余裕で座れます。

で、電車に揺られている間は基本暇なので最近導入したタブレットで何気にみんカラアプリの「ハイタッチ!drive」を起動。

おぉ〜っ!

電車内.jpg

スイフト号が見事に線路上を走っています!(当たり前)

駅近くを通ると貰える「バッジ」も確実にゲット!

「駅初級」の称号も貰いました!

3人の方とハイタッチしたし・・・(謎)


そんな風にいささかズルい遊びをしている内に横浜駅に到着しました。


今日、横浜でやる事は全部で三つ。

まずは一つ目 「相方のお母さんの誕生日プレゼントを買う」

とりあえずSOGOへ。

SOGO.jpg

がしかし、買いたかった物は売っていませんでした。

大きなデパートで何でも有りそうなイメージなんですが・・・

やっぱりベイスターズのお膝元で平然と「ジャイアンツ・フェア」とかやっている所はダメですね。


続いて0101へ。

有りましたよ、探していたものが。

具体的品名は敢えて伏せますが、ここの所随分肩身が狭くなったグッズを昔程ではないでしょうけど
ちゃんと陳列、販売していました。

店員さんの応対もGOOD!

但し、予定よりちょっと高かった・・・

でも丸井のカードを作ると2000円割り引けると言うので、次いつ使うか判らないカードを作って予算想定内に収めました。


一つ目の予定をクリアしたところでお腹が空いたので「SUBWAY」で軽く食事を。

相方が「SUBWAY」好きなんで寄りましたが、ととはここのシステムがちょっと苦手・・・

「これ、買ってきて。ネギだけ多めで・・・」とお金だけ渡して後は相方にお任せしました。


空腹が満たされたので、本日2つ目のミッション「献血をする」

西口側にも献血ルームがありますがととはいつも東口側の献血ルームへ行きます。

献血ルーム.jpg

ビルの7階に在るのですが、初めて行く人は「えっ?ほんとにここでいいの?」と思うんぢゃないでしょうか?

そんな感じの入口を入って、エレベーターで昇っていきます。

ととは今回で24回目、相方は11回目の献血になります。

相方は「趣味は献血」と豪語する位なんですが、ほんと久しぶりの献血。

なぜなら・・・

これまでは「献血の出来る規定体重に満たなかった」為、ずっと書類審査落ちとなっていました。

かなり前は体重ウソ申告して誤魔化してきたらしいですが、段々それが通用しなくなり
10回から先に進めずにいたみたいです。

それが ここ数年ですっかり育って 晴れて献血が出来る体型状態になりました。


良いんだか悪いんだか・・・


今日は何だか妙に献血希望者が多くやたら混んでいて、すごく時間が掛かりました。

特に相方はまだ「献血手帳」だった頃が最後の献血なので今のシステムに移行する手続きに手間取った様です。

ととは400ml、相方は200mlの献血が無事済みましたが、ここで残念な事が・・・

献血後に貰える粗品、相方曰く「美味しい歯磨き粉」が無くなっていました。

同じメーカーから姉妹品が市販されていますが「しょっぱさが足りず美味しくない」とは相方の弁。

無くなった理由は判りませんが、献血関係者の方がいらっしゃいましたら是非復活させて下さい。m(_ _)m


ここで時間は既に4時半。

三つ目且つ本日のメイン・イベントの為、西口の高島屋へ向かいます。

目指すは8回催会場「大北海道展」

物産展01.jpg

相方が放牧中に行った「こんぶ屋さん」のおぢちゃんから「今度横浜の高島屋で・・・」と言う話を聞いた事から
この催しを知り、足を運びました。

何かパネルとか飾ってありそうなネーミングですが、要は「北海道物産展」です。

物産展02.jpg

21日から始まって最初の週末とあってかこの時間でも大盛況です。

物産展03.jpg

広い催会場に所狭しと北海道各地域のお店が軒を連ね、そこになまらすごい数の人が群がっています。

とりあえず2人で一緒に動くと面倒なのでここで解散、自由行動としました。

各々魅かれる物のところに行きます。

ととはココとか、
物産展06.jpg
(幼少の時、戸塚のダイエーの食料品売り場でラム肉を試食して以来、ラム肉の虜になっています)

ココとか・・・
物産展07.jpg
(函館駅近くの店舗で食べて、初めてウニを「甘い」と感じたのがこのお店のウニです)

に引っ掛かりましたが、魅かれない物の方が少ないくらい。

物産展04.jpg

物産展05.jpg

2〜3万ならあっという間に使い切る自信があります。

でも、そんな予算が取れる程生活に余裕が有る訳ではないので厳選に厳選を重ねて何点かを購入しました。

購入したのはこれら。

・松尾ジンギスカン(特上ラム)
戦利品01.jpg
ラム肉独特の臭みがダメな人もこれはいけると思います。

・味付うずら卵&UZURANKUN
戦利品02.jpg
UZURANKUN(うずらの卵の燻製)は特に美味しいです。

・各種野菜のフレーク
戦利品03.jpg
試食(試飲)しましたが、美味しかったです。
相方は放牧明けの時に買ってこれなかったのが手に入って喜んでいました。

・山わさび&梅ひじき&つぶ貝
戦利品04.jpg
これだけで何杯でもごはんが食べられる気がします。

・メロンプリンパン&カレーパン
戦利品05.jpg

いや〜、もう反則ですね北海道の食い物は♪

旅行やツーリング、ここ何年かは「帰省」という名目で北海道には行っていますが、
余程苦手な物意外は 何食っても美味しい!

なんて事無い蒸したじゃがいもにバター載せただけの物でも美味しいのはアイヌの呪術だと思います。

神奈川も海の幸・山の幸共に種類豊富ですが、さすがに・・・


来年あたりまた海峡渡る予定なので(その時は新幹線か?)、今度は何を満喫しようか今から楽しみです!


posted by とと at 23:20| Comment(4) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

ちゅど〜ん♪

ととです。

毎年、季節外れのこの時期に開催される「ふじさわ江の島花火大会」に行ってきました。

実は今日は出勤日だったのですが、1ヶ月前に既に有給申請を出して今日に備えていました。

が、しかし・・・

週半ばの天気予報では土・日曜日とも雨の予報。

そして前日金曜日は予報通りの雨&11月下旬並の冷え込み。

花火大会は、土曜日が雨なら日曜日に順延
もし日曜日も雨なら中止との事。

正直諦めていましたよ。

が、しかし・・・(二回目)

ととは「全日本晴れ男協会」の会員です♪

こんな時何とかしてくれるのが晴れ男協会です。(たまにやりすぎて自然災害を引き起こしますが・・・)

で、今日午前十時に主催者のHPで発表するという事なんで恐るヾ見てみると「開催決定!


よっしゃ〜〜〜っ!


ウキウキしながら、念の為傘2本と夜に備えての上着を準備して江ノ島に向かいました。

去年までは電車で行っていたんですが、万が一雨に遭うとイヤなんで今回はスイフト号で行きます。

自宅から江ノ島までは20km弱なんで4〜50分で着きます。

駐車場が心配だったので12時過ぎ位に家を出て到着が丁度13時頃。

予定通りです。

江ノ島01.JPG
(駐車場出口階段より。青空が見えています!)

江ノ島02.JPG
(天気予報がウソの様に良い天気♪)

ただ問題なのは花火打ち上げが18時からなので今から5時間どうするか?です。

でもそこはさすが時間潰しには事欠かない観光地!

"幼少期のとと"にとって江ノ島は単に「釣りをする所」だったのですが(毎週のようにモノレールに乗って通っていました)
神社やらなんやらいろんなもんがあって、その辺ぶらぶらしていても十分楽しめます。

とりあえず「江ノ島神社」方面に歩き出し行ける所まで行く事にしました。

江ノ島03.JPG
(でっかいにゃんこ先生がお出迎え。いったい何食ってそんなに大きくなったんだ?)

"神社方面"には向かいましたが神社自体には目もくれず「エスカー」で灯台のある頂上を目指します。

江ノ島04.JPG

江ノ島05.JPG

江ノ島06.JPG

一応"灯台"を目指しましたが、灯台には目もくれず(笑)向かった先は「江ノ島岩屋

要は波の浸食で出来た洞窟的なもので、「龍神信仰」の対象となっている場所です。

たまに来ると楽しい、と言うか良い所です。

最初は手前まで行って帰ってくるつもりだったのですが、相方が「入りたい」というので何年かぶりに入場(?)しました。

大人お一人様500円也。

入るとまずこんな感じ。

江ノ島07.JPG

階段登ったり降りたりで若干汗ばんでいたのですが、さすが洞窟、中はヒンヤリして気持ち良かったです。

江ノ島08.JPG
(途中には与謝野晶子の詩があったりします)

岩屋には「第一岩屋」と「第二岩屋」とあり、この石碑を右手に見て進んだ先が「第一岩屋」です。

入口に受付の様なものが有り、そこでロウソクを渡され、そのロウソクを持って頭上に注意しながら中に進みます。

江ノ島09.JPG

最奥には「富士に通ずる」と言われている風穴があります。

江ノ島10.JPG

そして今来た道を戻った先にある「第二岩屋」の最奥にはラスボス龍神様がいらっしゃいます。

江ノ島11.JPG

江ノ島12.JPG
(ここにも居やがった日本が誇る世界最強の徘徊老人っ!)


さてさて、「江ノ島岩屋」がメインではないので程々にして戻ります。

表に出て空を見ると、天気は十分持ちそうな感じです。

江ノ島13.JPG

江ノ島14.JPG
(亀の形をしたその名も「亀石」。どストレートなネーミング)

その後また階段を登ったり降りたりし、「猫の口」を持つ相方を満足させるべくイカや焼き貝を食べたりして
いる内にいい時間になってきました。

花火01.JPG

江ノ島の花火大会は勿論有料の指定席もあるのですが、浜辺の殆どが観覧席になるので、人出の割りに場所取りが
楽なのが魅力の一つでもあります。

適当な場所にビニールシートを敷き、開始を待ちます。

この時期なので6時前でもこの暗さ。

花火02.JPG

廻りを見渡すと人・人・人!

花火04.JPG 花火03.JPG

そして6時丁度にカウントダウンと共に花火大会スタートです♪

※予めお断りしておきますが、この後多数の写真を掲載しますがととは写真の才能をまったく持ち合わせておりません。
 カメラの性能に頼りきった中でなんとか見られるものをチョイスしてみましたので我慢して下さい。

花火05.JPG

花火06.JPG

花火07.JPG

花火は岸にほど近い所と船上の2箇所から打ち上げます。

花火08.JPG

今年は音楽に合わせた演出の物が多かったです。

花火11.JPG

花火12.JPG

花火13.JPG

中にはこんなお遊び花火も。

花火09.JPG
(ハート)

花火10.JPG
(にこちゃん)

その他に「にゃんこ」もありましたが撮影出来ず・・・

また平面花火の難しさで、いい感じで上がらないと観客から「あ〜・・・」の声が。


これがこの花火大会の醍醐味!

下が水面な事を良い事にやりたい放題です。

花火14.JPG

縦だけぢゃなく、斜めに打ち上げたり花火がそのまま着水したり。

花火15.JPG

ほとんど「砲撃」です。

花火16.JPG

花火は45分間で約3000発を打ち上げます。

花火17.JPG

花火18.JPG

花火19.JPG
(ととはこの「斜め花火」が大好きです♪)

花火20.JPG

花火21.JPG

花火22.JPG
(どっかの銀河?)

30分が過ぎた辺りからフィナーレに向けて力が入っていきます。

花火23.JPG

花火24.JPG


花火25.JPG
(ウニ?)

花火26.JPG
(Windowsでこんなスクリーンセーバーがあった)

「残して置いても湿気っちゃうから全部打っちゃえっ!」って声が聞こえるかの様なラストスパートです。

花火27.JPG

花火28.JPG

花火29.JPG

花火30.JPG

花火31.JPG

花火32.JPG

花火33.JPG

そしてラストは上空で花開いた花火がそのまま燃え尽きずに着水すると言う大きな、大きな一発でフィニッシュ!
写真ぢゃ全然表現出来ていませんが・・・

花火34.JPG


いやぁ〜、今年も花火職人さん達の良い仕事を魅せて貰いました。

相方が大の花火好きなので以前は隅田川を初めいろいろな所に遠征しましたが、
この「江ノ島花火大会」を初めて見た後の

もう、毎年これ見れれば他はいいや♪

の一言で、ととはこれを観に来る事に全勢力を傾ける様になりました。


「水上花火の魅力」 にとともすっかりやられました。


観に行かれる範囲だと諏訪湖の花火大会もこんな感じでしょうかね?

諏訪湖のほとりに親戚が住んでいるので、今度遠征してみようかな?


でもそれにはもう少し(もっと?)カメラの技術を磨かなければ・・・

花火の撮影ってむずいですね。

機能として「花火モード」がありますが、シャッターの開いている時間が長いんで手撮りだとブレブレに・・・

とりあえず三脚買ってきますか?


posted by とと at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする