2015年10月28日

やほー道案内

ととです。

アンドロイドタブレットに入っている「Yahoo!カーナビ」が知らない間にアップデートされていました。

カーナビーツ.jpg

因みにこれ↑は「カーナビーツ」という昔のグループです。


正直「新しく出来た道でも反映されたかのかな?」程度に思っていてさして気にもとめていませんでした。

勿論それもあるのでしょうが、その他に「運転力診断」と言う機能が実装されたらしい。


はて?診断とな?


公式サイトに因ると「スマートフォンに内蔵されている加速度センサーを利用して、安全運転に必要な要素である
ハンドリングやコーナリング、加減速の安定性などを診断して、総合的な運転アドバイスや点数評価を行います」

だそうだ。

最近この手の「スコアもの」を良く見ます。

スイフトでもDJEモデルだと「エコスコア」とか言うのがあったと思う・・・


と言う事で、朝の通勤路で会社までの道を案内させて実験してみました。

さて、その結果は?

運転力診断1.jpg


70点・・・

何ともツッコミ所というか、非常に対応に困るスコアが表示されました。

因みに5項目各20点の100点が満点です。

優等生でもなければ悪ガキでもない、一番先生の印象に残らないタイプの生徒の点数です。

しょうがないので一つ一つ見ていきます。


@加速の安定性 ・・・ 17点

 若干褒められている様な気もしますが、至って普通なスコアだと思います。


A減速の安定性 ・・・ 12点

 今日は前に「ブレーキパカ男」&「制限速度至上主義車」が走っていたので若干イライラ気味でしたね。

 なぜそこでブレーキを踏む〜?今のは何の為のブレーキだったんだー?サクサク走れー!って感じ?

 その心情が結果に良く出ていると思います、はい・・・


運転力診断2.jpg

Bコーナリングの安定性 ・・・ 9点

 各項目での最低点です。

 まぁバイクに乗っていた頃から"ぎゅー"と突っ込んで"ぺたん"と寝かして"ぎゅん"って曲がって
 "びゃっ"と起こして"でぃあー"って立ち上がるスタイルでしたから・・・

 ととの辞書に「スムーズなコーナリング」という文字はありませんっ!


Cハンドリングの安定性 ・・・ 13点

 後ろを一切見ないチャリダーを避けつつ抜かすのに一苦労した影響かな?

 チャリはまた歩道走る様に戻してくれないかな?

 今のまま車道走るならもう少し周り見て、且つルール守ってくれないかな?


Dふらつき運転の安定性 ・・・ 19点

 スイフトRSだとふらついて運転する事自体がむずかしいです。

 ト○タ車なら楽勝〜♪



と言うわけで、何のオチも付きません。

でもまあいいや。

道案内はナビ子(車載)にやってもらうし、ドライブの時タブレットはハイドラ立ち上げてるし・・・

次はいったい何時使うんだろこれ?



posted by とと at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・デバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

あたし?わたし?わたくし?

ととです。

突然ですがととはガラケーユーザーです。

世の中LINEのスタンプがどうこう言っているなか、とりあえず電話とメールとたまのネット検索で事足りていました。

そして相方もまた同じ様なもんで、こちらはネット検索すらしません・・・(ネットはパソコン専門)

そんな相方のガラケーの電池がとうとう逝かれてきました。

5分も通話していると電源が落ちる重症です。

もう既に一回無料交換をしているので、もう後は有償交換のみ。


ぢゃあ、どうするか?


本体も随分草臥れてきています。

手のちゃいちーな相方に合うサイズの機種も限られているし、この先発売されるかどうかもわかりません。

と言うわけで「長期使用ユーザー向けガラケー無料交換」なるものの案内が来ていたのでそれを利用してみました。


九月中旬、ガラケー交換の為に最寄の携帯ショップへ。

対応してくれた店員さんに内容を説明し、受付(手続き)の順番を待っていた時、別の店員さんが話しかけてきました。


「タブレットに興味はありますか?」


タブレット端末に関しては、たまに街中で大っきな画面を持ち歩いている人を見かけては「邪魔ぢゃないのかな?」
と思っていたくらいで、特に興味はありませんでした。

スマホに関しては自他共に認める方向音痴なので、旅先でウロウロする為に何時かは持たなければならないなとは
思っていましたが・・・

「今、とりあえずタブレットの良さを知ってもらう為に格安で提供するキャンペーンをやっています。」
「特に宣伝はしていませんし、何時までというのも決まっていません。」
「割り当て端末がある限り、逆に言えば無くなったらその時点で終わりです。」


話の進め方が上手いな・・・


ととは相方分と合わせてガラケー2台で月々少ないときで8千円くらい、ネットをちょっと多めに使うと1万円位の
電話代を払っていました。

ところが、このキャンペーンだとネット使い放題で1万100円だそうな。

端末代は表向きは990円/月の36回払いだけど、それに対するキャッシュバックが1540円/月あるので
実質タダどころか・・・

良くわからないビジネスケースですがどう考えてもデメリットがない・・・

おまけに、今同キャリア内だけで無料の通話料が、どのキャリア(固定電話含む)でもダーター。

こんなおいしい話があっていいのか?

うまい話の裏には絶対に落とし穴があるハズなのに・・・


乗っかっちゃいました♪


半ばキツネに摘まれたまま我が家にやってきたのがこのタブレット。

GALAXY Tab4.jpg

GALAXY Tab4

もう既にケースも保護シートもSDカードも搭載済です♪

これは半島製の端末で、スペックだけみるとはっきり言って「クソ」です。

あらゆる面で1〜2世代前の性能です。

一応iPadも選択出来たのですが、なんだかでかくて小さいこっちにしました。

iPadは普段持ち歩いているバックに入らなかったのが致命的でした。

性能は良いんだけど・・・


でもね、でもですよ。

意外とととにとって("と"ばっかりで読み辛いな)理想的な婦人布陣となりました。


普段はメールと通話が出来るガラケーで十分なんですよ、実際。

胸ポケットにそっと忍ばせられるあのガラケーサイズがいいんですね。

ただ前述しましたが、旅先とか初めて行く場所では地図とか周辺の情報が欲しかったのも事実で、
それを実現、特に地図なんかを見るには少し大きめの画面が欲しかった・・・

小さい字が読み辛くなった年頃なんで♪

ぢゃあ「スマホの画面でか目なヤツで」となると普段邪魔くさい!


なので普段使いはガラケー、必要な時はバックに忍ばせたタブレット端末が登場!ってな感じが
思わぬ利点となりました。

(因みに、今使っているガラケーをスマホに変えた場合より2千円/月位安価で維持出来ます。)

ちょうど1泊2日の旅に出る前だったので、使い方も良く判らないまま連れて行ったのですが、
現地で食事に出る時とか「即戦力」として働いてくれました。


もう便利、便利♪


念願叶って(?)みんカラの「ハイタッチ!drive」も使えるようになったし!

スイフト号にも搭載出来るようにしました。

タブ置き場.jpg
タブ置かれ.jpg

サイズぎりぎり・・・(iPadだったらアウトだったでしょう)

でも意外とすっきり付きました!


エンジンスタートボタン押し辛いし、エアコンの風来ないけど・・・(ここしかスペースが無いんだもん)


店員さんは「もし使い勝手とか気に入らなければ契約だけ解除して、端末本体は残るのでWi−Fiがあれば・・・」
とおっしゃってましたが、この便利さを知ったらもう後戻りは出来ませんよ。


普段、会社内でも電車内でも「スマホ=ゲーム機」なんぢゃなかろうかと、スマホに対して余り良い印象がない
ととにとって、思わぬうれしい展開となりました。

後は・・・

スイフト号のホルダーが壊れない事を切に望みます。

もう一個スペアで買っておくかな?

600円だったから。



posted by とと at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・デバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

悪戦苦闘中!

ととです。

ととはてんびん座ですが、家のテレビは「REGZA」です。

ととは東芝好きなんです。

テレビの他、HDDレコーダーが新旧合わせて3台。

パソコンは3台のdynabookが稼動+スペアに1台。


携帯も"REGZA Phone"だったりして・・・♪


では、なんでそんなに東芝が好きなのか?

実は良く判りません。

「サザエさん」観ていないし・・・

でも、気が付いたらこうなっていました♪


まぁパソコンについては、リカバリ他モデファイのし易さですかねぇ・・・

相方のパソコンはそもそもはVista機ですが、ちゃちゃっとドライバの類をそろえてXPで動いています。

その何とも言えないその柔軟性。

○ECや目の付け所がシャープな会社(あっ!?)とはえらい違いです。

前職の時は、プラント関係の部署に大変お世話になりました。


厳密には違いますが、最早地元企業みたいな感じで、そんなところもお気に入りです。


が・・・


そんなレグザに付けてあった録画用の外付けUSB-HDDが先週ご乱心なされました。

録画した番組を見ようとすると「検索中にエラーが発生しました」と表示されどうにもなりません。

血も涙もないクセに相方は半ベソ状態です。


メーカーに修理出したらまず間違いなくこう言われます。

修理するにはハードディスクをフォーマットする必要がありますがよろしいですか?

良いわけないだろっ!

以前、HDDレコーダーのDVDドライブを修理に出した時このセリフを言われてブチ切れた事があります。



で、どうしたものかと・・・


とりあえずいろいろ調べましたよ。

有用な情報が有ると片っ端からやってみましたよ。

でも直りません・・・


REGZAはLinux系で使われる「xfs」というフォーマットらしいんで、当然Windows機では読み書きが出来ません。

なので、急遽VMwareで「Ubuntu」をセットアップ。

修復プログラムを提供して下さってるサイトからソフトをダウンロードして動かしてみるも×。

ぢゃあと言う事で替わりとなるHDDを購入し、同サイトで提供してくれているコピープログラムを試す。

結果はまたもや×。

ならばと、手作業でファイルをコピー&必要な箇所のデータ書き換え。

これでどうだ〜とばかりにテレビにHDDを接続。


復活しましたよ!






一部のデータだけが・・・(涙)


当然コレでは相方が納得してくれる筈も無く、さらなる復旧作業へ・・・


今度は消えたデータを復活させるべく「Raise Data Recovery for XFS(日本語版:復旧天使 XFS)
というソフトを試してみました。

見えました、消えたデータが!

が、しかし・・・

試用バージョンでは極小さなサイズのファイルしか復旧出来ない為、しかたなくネットでライセンス購入。

これでOKかと思いきや、このソフトはwindows上でしか動きません。

データが復旧出来たにも関わらず、それを復活させる先の「XFSでフォーマットされたHDD」に書き込めません。


ならば・・・


Linux上でWindowsプログラムを動かせる「Play On Linux」というソフトをUbuntuに導入。

これならばxfsでフォーマットされたHDDに書き込みが出来るんぢゃないかと?

動きました!

動きましたよ、Linux上の仮想Windowsで。

でもあくまでも仮想Windows。

肝心のUSB-HDDが見えません。


あちらを立てればこちらが立たず。

もう、どうしたら良いんでしょう?

とりあえずUbuntuでNTFSは読める様なんで、

@Windows上でデータ復旧
ANTFSでフォーマットしたHDDに一度データを格納。
BUbuntuでNTFS-HDDからXFS-HDDにファイルをコピー。

こんな段取りを考えていますが上手く行くかどうか・・・

今週末にトライしてみたいと思います。


因みに・・・

何とかならない物かとライセンス購入した「復旧天使」のFAQを眺めていたらこんな一文が・・・

Q:テレビ番組の復旧は可能ですか?
A:地上デジタル放送、BS放送などのテレビ番組のデータ復旧には対応していません。


ガーン・・・!


posted by とと at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・デバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする