2015年11月11日

くるま所感(過去の愛車2)

ととです。

くるま所感(過去の愛車1)」の第2弾としてずっと書きたいと思っていた記事・・・

今回は先々代の愛車について書きたいと思います。

その当時の愛車はこんな子でした。

deto01a.jpg
(昔のデジカメで撮ったので、まぁ画質が荒いこと荒いこと・・・)

ダイハツ シャレード デ・トマソ(E-G201S) 5MT

とにかくスタイルに一目惚れして買っちゃったんでスペックは良く覚えていません・・・

とりあえず今調べた限りではこんな(↓)感じ。

・排気量:1589cc
・最高出力:125ps/6300rpm
・最高トルク:14.7kg-m/4000rpm
・10・15モード燃費:15.0(km/L)
・タンク容量:45L(レギュラー)
・車輌本体価格:129.8万円(当時)
・車体色:デ・トマソレッド(ピュアレッド)

・生涯走行距離:91686km (内所有時距離:48613km)
・生涯燃費:10.9km/L (最高燃費:15.56km/L 最低燃費:7.14km/L)
・通年最高燃費:11.13km/L(2000年達成)


2000年にディーラーに勤める友人にオークションで探してきてもらって中古で購入。

お幾ら万円だったかは忘れました。

4代目となるシャレードのスポーツバージョン。

スイフトで言えばスイスポ、アルトで言えばターボRS若しくは東京コンパニオンモーターショーで突然あらわれた
ワークス的な立ち位置ですが、この子のエンジン「HD-EG」はなんと"OHC"。

シングルカムでした。(購入後に知った・・・)

まぁ別にワンカム16(懐かしい言葉!)のカムシャフトの造形はツインカム以上に美しいし、市販車レベルの回転数なら
十分追従出来るので特に問題は無いんですが、やっぱり当時のイメージとしては「スポーツカーはDOHC!」というのが
あったので、そういう意味では少々物足りなさを感じたのを覚えています。
(またその前の車がDOHCターボのキュンキュン回るエンジンだったので尚更)

当時のネットの記事に「なんでこの車がこんな中途半端なスペックで出てきたか?」を考察するのがありまして
その記事に依ると、

・丁度開発の真っ最中にバブル経済がはじけた。
・今更ほとんど纏まっていたので開発を中止には出来ない。
・でももうコストをふんだんに掛ける事も出来ない。

と言う事で何とも歯痒いスペックで登場した(要約)・・・との事でした。

他に似た様な記事は見あたらなったので真偽の程は定かではありませんが、なる程なと納得出来てしまう
内容でもありました。

前述しましたが、とにかくスタイルが気に入って購入した車。

クリアレンズの奥にに美しいリフレクターが見えるヘッドライト、
deto02.jpg

スイフトに負けず劣らずのかわいいお尻。
deto03a.jpg

そして何よりととがダイハツデザインの最も優れた点だと思ってる「内から外に向かうベクトルが見えるかの様な面構成」

これはなかなか文章で伝わり辛い点なのですが、ダメ元でイメージ絵を描いてみました。

外→内.jpg

ト○タとかホ○ダにその傾向が強いなぁと感じていますが、車を作る時に「車の型」に鉄板を押し付ける感じ。
あくまでもイメージですよ。実際にこんな事してる訳ないです。

結果、同じ様に面を使ってデザインしていますがそのベクトルが「外側から内側」に向いている感じ。

昔のスズキなんかばりばりこれでしたね。

一時の「デザイナーが一人も居なくなったのかな?」と感じた頃の○産やス○ルのデザインもこんな感じを受けました。

ととはこういう感じのデザインは大体にして「貧相」に感じます。


反対に、ダイハツやマツダ、それに2代目(個人的には初代だと思っている)スイフト以降のスズキがこっちタイプ。

内→外.jpg

鉄板に対して「車の型」を押し付ける感じ。

結果、ベクトルが「内から外」へ向かう感じ。


ますます判り辛くなりましたか、もしかして?


別にデザインに関して勉強した事もありませんし、寧ろその手のセンスは人より劣っていると思います。

また「車の型」が同じなら、結局同じ物が出来るんぢゃないの?と言われたら反論出来ません。

でも何か違って、且つ、その「何か」が重要なんですね♪

ちょっと途中が長くなりましたが、そんなこんなでデザインが気に入って購入したデトマソ号。

しかし、その(個人的に)美しい(と思っている)見てくれに反して「自動車」という機械として見た場合、残念ながら大した事のない車でした。


何と言っても ロードノイズがうるさい!


とにかくゴーっゴーっって喧しい!

競技車輌にするのにアンダーコート全部剥がした車なのかと疑いたくなる程、騒々しい車でした。

人を乗せる時には「ごめんね、ちょっと五月蝿い車だけど・・・」と侘びを入れていた覚えがあります。

後は、やっぱりワンカムのせいなのか単にそう言うセッティングなのか判りませんがエンジンの回り方がダルでした。

よく言えばマイルド、悪く言えばかったるいレスポンスで、その気にさせる様なエンジンフィールではありませんでした。


そして「デザインが気に入って買った」車ですが、真横から見た姿だけはちょっと残念でした。

なんかこう、前側が上がっている・・・

ちょっと重りを載せて水平にしたくなる佇まいでした。

そこでまたあのネットの記事を思い出します。

当初の予定通り(?)DOHCのエンジンを載せていたら丁度水平になったんぢゃね?と推察した次第です。

今となってはもう迷宮入りですが、タイヤとフェンダーの間が前側だけ妙に開いていたんですよねぇ・・・


しかし、それでもかわいい我が愛車♪

装備では初めて「ナビ(CD-ROM版。古っ!)を付けたり、テレビの見れるオーディオを付けてみたり。

deto04.JPG

その納まりが気に入って、元愛車・現愛車と3代(3台?)に渡ってフロント2画面体制が継承されています。

今では当たり前になった「バックカメラ」もこの時既に付けていましたね。

後、これは標準装備ですが、「NARDI」のハンドルと「RECARO」のシートは良かったですね。

deto05.jpg

元々MOMOよりNARDIの方が好きでしたし、「専用設計」と謳われるのRECAROはホント疲れなかったですね。

当時の居住地から愛知万博まで約500km下道だけで行きましたがへっちゃらでした。

シートだけは今のスイフトより良いかも?


走りに関しては、その頃はまだ「ライダー」の血が残っていたので機会を見つけては山坂道に行っていました。

まぁレベルはレベルなんですが楽しく走った思い出があります。

ヘタはヘタなりに工夫してFF車でのドリフトにチャレンジをしたりもしました。

いろいろ条件が揃わないとキレイに流せませんでしたが、「頭文字D」の中にドリフトの説明で

インに付過ぎないように・・・云々・・・

みたいなセリフが有るのですが、「あぁ、この事を言っていたのか」と体感出来たのもこの車のお陰でした。


でも、ある日突然お別れが来ました。

前日に水戸偕楽園に行った帰りに突然クラッチの調子がおかしくなりました。

走れない程ではなかったのですが、明らかに「滑り」が出ていました。

前に青森まで弾丸をした時から何か調子が悪くなり始めたクラッチをだましだまし乗っていましたが
「とうとう」イカれた様子でした。

翌朝出勤の際に「今日は昼休みにディーラー連れて行かなくちゃな」なんて思っていたら・・・


真横から一時停止無視のホンダ「S-MX」に特攻されました。


それでも不思議と自走、それも真っ直ぐ走れ現場検証後とりあえず会社へ。

昼休みに当初の目的と違う目的でディーラーへ行くと、サービスマンからは「本当に治すんですか、コレ・・・?」の一言。

修理する気満々で行ったのですが、ここで諦めました・・・

その日は定時で上がって相方の家へ行き、いい歳しておお泣きしてしまったのを覚えています。

deto06.jpg

deto07.jpg

ここに載せた写真の何枚かは、廃車の為業者が取りに来る前に最後せっせと磨いた直後の写真です。

いわゆる「死化粧」ですね。


deto08.jpg


ホント、運転席側以外はまだやる気十分な感じがします。

でも・・・

ちょっとオカルトな思い込みですが、この車はクラッチ修理して再び走る事に疲れていたのかなと感じました。
また、こんな状態にでもならなければ車を乗り換えない自分の事を見透かされていた様な気もします。
普通に下取りに出せば0円若しくは手数料取られるところ、なんだかんだで保険で20数万円入ってきましたし、
一時期ろくにメンテもせずに乗っていた時期があったにも拘らず、最後に土産を置いて行ってくれました。


リアに「デトマソ」のバッジが付いているのですが、これはセリカは勿論、スイフトのテールにも受け継がれています。

セリカとはまた違った意味でととにとって忘れられない車です。

deto09.jpg


※ホントはこの流れで「ダイハツ車」について書きたかったのですが、思いの外長くなってしまったのでまた別の回に・・・




posted by とと at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 車・バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

くるま所感(過去の愛車1)

ととです。

いつか書きたい、いつか書きたいと思っていた記事・・・
今回は元・愛車第一弾と言う事で、3月まで乗っていた車を紹介したいと思います。

コイツです。

展示中のセリカ.jpg

こんな感じ↑で「中古車」として売られていました。

トヨタセリカSS−T(E-ST203) 5MT[2型前期]

基本スペックはこんな(↓)感じ。

・排気量:1998cc
・最高出力:140ps/6000rpm
・最高トルク:19kg-m/4400rpm
・10・15モード燃費:13.6(km/L)
・タンク容量:60L(レギュラー)
・車輌本体価格:184.3万円(当時)
・車体色:ダークグリーンマイカ

・生涯走行距離:187601km (内所有時距離:147406km)
・生涯燃費:11.3km/L (最高燃費:16.39km/L 最低燃費:6.73km/L)
・通年最高燃費:11.97km/L(2013年達成)
・総燃料費:¥1,573(千円)

実に最高燃費と最低燃費の差が約10km/L!

記録を見ると最高燃費は青森県まで東北自動車道を延々走り続けた時に達成。

最低燃費はバッテリーが逝かれた時にブースターでエンジンを掛け、出先で駐車する時はスペアキーで
ドアの施錠・開錠をしてエンジンを切らずに用を済ませていた時に達成(?)した模様・・・

燃費で言えば「エンジンスターター」を付けた時に面白がってエンジンON・OFFをくり返していた時も
確かすごい燃費になった覚えがあります。

そしてこの間使った燃料費がスイフト購入代金とほぼ同額っ!

これにはビックリです。


しかしまぁ、とにかく良く走ってくれました。

あっちこっち良く行きました。

梅駐車場.jpg

北は青森県、西は山口県まで。(改めて文字にしてみるとそんなでもないか・・・?)

特に山口県(錦帯橋)に行った時はナビの示す走行予定距離が初の4桁!

後にも先にもこれ一回です。

伊勢神宮や出雲大社など神社仏閣巡り、姫路城や彦根城など城巡りも行動を共にしました。

ただ、どういった訳か北陸地方に縁がなく、ここだけは結局足を踏み入れず終いでした。

足尾銅山、石見銀山と行ったので、次は「佐渡金山だっ!」と息巻いていましたがとうとう念願かないませんでした。


この車を乗っていて痛感したのが 「さすがトヨタ」 と言う事。

サービスマンを含めた「」という物をホント良く育てていると感心しました。

「車」と言うものにこれと言った拘りがなく、もっぱら交通手段として乗るだけ・・・
なんていう人は特にこのトヨタの「」と言う要素が車を使用する上で非常に頼もしく感じるのではないでしょうか?

これはすばらしい事です!


た・だ・し・・・

ただしですよ、車輌本体、特に足廻りについては「?マーク」が2億個位付く出来栄えだと感じました。

なんたって“運転している自分が「車酔い」する車”でしたから・・・

なかなか無いですよ、そんな車!

それに耐えられず、初めて足廻りに手を入れた車でもありました。
(ロアアームバーを装着する事でとりあえずまともに近くはなりましたが・・・)

とにかく万人、誰が乗っても・・・という味付けの結果なのでしょうが、それが「絶妙」ではなく、明らかに「妥協の産物」って
感じがしました。

最近の車輌はわかりませんが、「曲がるのはハンドルの仕事」「乗り心地はサスペンションの仕事」、「止まるのは・・・」
といった具合に、それぞれは一応ちゃんと仕事はしてますが、なんかみんなバラバラ・・・

「曲がる」に限れば、スイフトが「車体(シャーシ)」で曲がっていくのに対して、セリカは「ハンドル」だけで曲がっていく感じ。

特にタイトなコーナーで顕著で「ハンドル」は曲がろうとするんだけど、その間サスペンションはただじたばたするだけ。

フロント周りの一体感なんてこれっっっぽっちも感じた事はありませんでした。


ぢゃあなんでそんなメーカーの車を買ったのか?

「4WS」ですよ。

4 Wheel Steering 、日本語で“四輪操舵”

4ws.jpg

「4WS」という物に興味を持ったのは、その当時たまたまカローラ系のディーラーに勤めていた知人にST18x系の
セリカ4WSを試乗させてもらったのが契機です。

同位相時のコーナリングでインに寄り過ぎない様に調整するのと右折時の逆位相の感覚がもう面白くて楽しくて!

特に右折時は、車体の中心に一本芯があってそれを軸にくるっと回る感覚!

うひゃひゃでしたね。それを覚えていました。

ただどういった経緯かST20x系の4WSはST18x系に比べ良く言えば自然に、悪く言えば骨抜きにされた味付けの印象
になり、それはどうにも残念でした。


でもまぁ足廻りはアレでしたが、その他は前述した通りさすが世界のトヨタ!

エンジンのオイル滲みと窓ガラスのビビリ音はとうとう完治しませんでしたが、大病を患う事もほとんどなく丈夫でした。

「ほとんどない」というのは「少しはあった」と言う事で・・・これが残念な事に「4WS」絡み。

4WSのコントローラーがお馬鹿になって低速でも高速でも「常に同位相」という状態になってしまいました。

この車は全長4.5m近い車格のくせに最小小回り半径が4.7mとコンパクトカー並みの取り回しが自慢だったのですが、
この時ばかりは小回り半径が6mを超えていたのでは?と思う事態に・・・

その状況が想像出来ますでしょうか?

いやぁ、駐車場に入らない入らない!

無理にでも入れようと切り返しをしても、その切り返し自体が予想外の動きをするので、もう何がなんだか。

知らない人がその様子を見ていたら絶対「免許とりたてのド下手糞」と思った事でしょう。

本人は必死でしたが・・・

その後晩年はリアサス廻りに抜けや異音等いろいろ不具合が発生しましたが、不具合というより経年劣化に
近いものであり、逆にその年代まで良く不具合をが出なかったなぁと関心しました。

トヨタ車を上げたり下げたり忙しいですが、ととにとっては恐らく最初で最後のトヨタ車 でしょうからご容赦を!


この車、車輌価格「39万円」で売りに出ていました。

購入場所は埼玉の関○マツダ小手指営業所(・・・だったかな?)

同じ位の年式のセリカはその当時+30万円から程度が良ければ+50万円位が相場だったので異様に安かったです。

なんでかなぁ〜?と思ったらどうも前オーナーが結構派手に事故ったみたいで・・・

で、修理もそんなお上手ではなく・・・塗装の境目は出てるし・・・って感じで安かったんだと思います。

前々車を突然のもらい事故で失ない、急いで代わりの車を探したんで購入費用の算段などしている余裕もなく、
とにかく安価で済ませたかったんでいろいろと目を瞑っての購入となりました。

試乗して直ぐエンジンの回り方から「前オーナーは女性かな?」と思ったら案の定女性名義でした。
ただMT車なのでもしかしたら使用者は違ったかもしれませんが・・・


担当の営業さんは酷かったですね。

ちょっとした不具合があったので連絡したら調べて連絡するという返事のまま約半年放置・・・
半年後再度電話しましたが(!)まったく話しにならず、中古車関係の親玉の連絡先を聞いてその人に直接交渉
して解決しましたが、納車の時は別件で不在だし、サービスすると言っていた物は車に乗っていないし・・・

今何してるんだろうなその人?


そんなこんなで、購入時から購入後もいろいろ話題に事欠かない車でしたが、結果的には過去最長の付き合いとなる車となりました。

おしり.jpg

あっ、あと今思うとなんだか妙に人気のある車でした。

特に年配の女性には評判が良かったです。

マダムキラーなんでしょうか?

思わぬ人に思いがけず褒められたり、嬉しく思った記憶が多々あります。

どたま.jpg

この角度で見ると「サンダーバード2号」にしか見えないんですけど・・・


段々塗装が磨いても輝かなくなり、最後の方は適当洗車で済ませちゃっていたのが今となっては申し訳なかったなぁと
思います。

変な税制とかさえなければ、もしかしたらまだまだ修理して車検とって乗っていたかもしれません・・・
(あっ、来週車検満了日だ!)

もうこんな妙ちくりんな車販売されないんだろうなぁ・・・


改めて・・・ 長い間お世話になりました m(_ _)m

走行中.jpg


posted by とと at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 車・バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

常々思っていた事・・・

コペンマン.jpg
シエンタマン.jpg


























デビルマン.jpg
ととだけ? ・・・ぢゃないと思っています。

posted by とと at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 車・バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする